一部ではなく全体を見る

お風呂

住宅を建設する場合や住宅を購入する場合、あるいは住宅をリフォームする場合には、インテリアエクステリアに気を使わなければなりません。 インテリアはその家に住む人にとっては毎日目にするものですのでとても重要な役割です。 それとは逆に、エクステリアに関してはどちらかっていうとその建物の住人よりも住人以外の人の方が、よく目にするのではないでしょうか。そのように考えると多くの人はエクステリアよりもインテリアにお金をかけたがります。 エクステリアの役割はあまり知られていませんが結構重要な役割があるのです。 たとえば、玄関と門の距離ひとつをとってみてもその距離が短いほどその住宅は狭く見えてしまうのです。ほんの少しの配慮で見た目がまるで変わってしまうのです。

エクステリアで気にしなければならないことは、それだけではありません。ズームアウトすると住宅全体のバランスを考える必要があります。 建物のカタチや色と、門や庭がまるで違うのではセンスを疑われとしまいます。 極端な例で言えば、建物は純和風な感じの住宅なのに、門はいかにも外国の住宅にありそうな洋風の門の場合です。 これは人間の洋服に例えると下半身は水玉なのに、上半身はボーダーの場合と同じです。 もし、シンプルな造りの建物であれば、壁や門の色はあっさりしていて明るい色である白色が良いでしょう。 このように、エクステリアの一部分だけクローズアップするのではなく、時にはズームアウトをして、全体を眺める必要があるのです。